version="1.0" encoding="EUC-JP"'; ?>

スタッフブログ

『ジュラシック・ワールド』がついにオープンします!!

カテゴリ : 
映画情報
執筆 : 
セントラルシネマ大牟田 2015-8-3 23:23
気が付いたら大蛇山どころか花火大会も終わってしまいました。マエバラです。
仕事が忙しいということはいいことだと思っておきます。


今回ご紹介しますのは、
85()公開の『ジュラシック・ワールド』です。



思い起こせば、シリーズの一番初めの『ジュラシック・パーク』が公開されたときはまだ私、中学生でした(遠い目)
 
続編も作られましたが、今回、とうとう『ジュラシック・ワールド』と名称を変更してオープンするということで、まぁ、正直嫌な予感しかしません()
しかも、今回大暴れする恐竜は人為的に作られた新種ということですが、人為的に作るのであれば、お客さんのウケがよさそうな、大きくて強暴そうなのを作るでしょうから、そんなのが暴れ回ったらまぁ大変なことになるんでしょう。まったく、楽しみです。
 
そういえば、『ジュラシック・パーク』のときのT・レックスはいわゆる“は虫類”的な皮膚でしたが、最近の研究では羽毛が生えていた可能性も指摘されているようです。
リメイクとかされたりしたら、羽毛が生えちゃうんでしょうか。いまいち迫力に欠けそうです。
 
今回は3D吹替版をご覧になるお客様だけに特製A3サイズポスターを先着順でお配りします。数量限定、かつ数が少ないため、ご希望の方は早目のご来場をお願いします。

『バケモノの子』ポップコーンコンボセット販売中ですよ!!

カテゴリ : 
映画情報
執筆 : 
セントラルシネマ大牟田 2015-7-7 21:31
やっぱり車を洗ったら雨が降りました。マエバラです。

本日ご紹介する商品は711日公開『バケモノの子』のポップコーンコンボセット(1,000)です。


 
メインビジュアルをあしらったポップコーンの袋と、マスコットキャラクター「チコ」のイラストのドリンクカバー(ドリンクは大サイズのみ)が劇中のバケモノたちの町『渋天街』の門をあしらったホルダーにはいった商品となります。
なんと「おひとり様」にうれしい一人用のセットです。

さらに、こちらの商品には「チコ」をあしらった巾着袋がついてきます。
夏祭りなど、浴衣でのお出かけの際に、携帯電話などちょっとした小物を入れるのに便利なアイテムですので是非ご活用ください。
 
なお、ポップコーンの味は塩味・キャラメル味のどちらか、お飲み物は冷たい飲み物の大サイズからお好きなものをお選びください。
メニューはこちらから

ちなみに、きれいに飾っておきたい方は注文の際にその旨伝えていただければ、ポップコーンを別の入れ物(ビニール袋になります)でお渡ししております。
 
こちらの商品、無くなり次第終了となりますのでお早めに映画ご鑑賞+ご購入をお願いします。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』公開中です!!

カテゴリ : 
映画情報
執筆 : 
セントラルシネマ大牟田 2015-6-23 21:31

車が汚れてきたのですが、「どうせ雨が降るからほっとこう」と思って放置しているときに限ってなかなか雨が降りません。
元・雨男マエバラです。

さて、今週から『マッドマックス 怒りのデス・ロード』が公開されています。

このマッドマックス、実は今作が4作目で、前作はなんと27年前の公開というから若い人にはあんまり知られていないシリーズかと思います。
かくいう私も前作をテレビで見たのが小学生のころなんですが、今思うとR指定に引っかかってる気もします。

そんなわけで、スタッフにもシリーズそのものを知らなかった人もいたので、ざっくりとした世界観の説明として「『北斗の拳』から拳法要素を抜いたような作品」と説明していたんですが、実は逆で、マッドマックス2の世界観にブルースリーの要素を足し合わせたものが『北斗の拳』なんだそうです。

『北斗の拳』のルーツともいえるシリーズですので、これまでのシリーズのファンだけでなく、『北斗の拳』のファンの方も楽しんでいただけるかと思います。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』は2D字幕版/3D吹替版で絶賛上映中です。
ただし、【R15+】ですので15歳未満の方はご覧になれません。あしからず。

ちなみに、続編の企画もあるみたいですよ。
 

15/06/13

カテゴリ : 
映画情報
執筆 : 
セントラルシネマ大牟田 2015-6-13 19:02
みなさま、お久しぶりです。
きっとお忘れでしょうが、ヤナギタです。
きっとお忘れでしょうが、後ろ姿がゴジラに似ていると言われたアイツです。
きっとお忘れでしょうが、ジョジョ風似顔絵をアップしていたアイツです。
 
早速ですが、本日613日より「海街diary」が公開されました!
 
「そして父になる」の是枝裕和監督の最新作!
カンヌ国際映画祭に出品された話題の作品ですね〜。
上映終了後にはスタンディングオベーションに包まれたと聞いております。
うーん、観たい!いや、観ます!
公式サイトはこちら→ http://umimachi.gaga.ne.jp/
 
 
「海街diary」といえば、九州限定特設サイト「“末っ子すず”の劇場diary」をご存知でしょうか?
特設サイトはこちら→ http://umimachi-kyushu.com/
 
各劇場の末っ子的存在…。セントラルシネマ大牟田からは「てっしー」が参加しております。てっしーはもちろん、どの劇場のスタッフさんも良いですね!
 
実は…セントラルシネマ大牟田には、他にも候補者が二人おりました。
こちらをご覧ください。
 
 
お分かり頂けるでしょうか…?
別画像(顔アップ)をどうぞ…。
 

 
ヤナギタです(右)。そして無理矢理巻き込んだT氏(左)です。
これでも一応加工済です。
女装?したらイケるんじゃあないか、とやってみましたが、てっしーの完全勝利ですね。
 
脱線及びお目汚し、大変失礼いたしました。
キャンペーンサイト下部には「家族自慢diary ベストエピソード」の募集もされております。
豪華賞品が当たるかも!6/15(月)締切りです!
 
 
 
さて、きっとお忘れでしょうが(←しつこいですね)、
ヤナギタが書くスタッフブログは従業員の一言で最後を締める、という自分ルールがございます。
ということで、これだけは言わせてください!
 
「決して趣味じゃあないですから!」
 
ヤナギタでした。
 
 

(C)2015吉田秋生・小学館/フジテレビジョン小学館東宝ギャガ

2014/11/9

カテゴリ : 
映画情報
執筆 : 
セントラルシネマ大牟田 2014-11-9 8:28
 11月になり、寒さが目立ち始めました。コンビニの肉まんやおでんが美味しい季節ですね。毎日のように近所のコンビニに出かけています。お久しぶりです、マツオです。

 

今回ご紹介したい映画は、111日に公開しました『クローバー』です。

 

大倉忠義さんと武井咲さん主演のこの映画は、原作が少女漫画となっています。

 

ホテルで働く鈴木沙耶(武井咲)は、初恋の人ハルキが忘れられない20歳。その上司柘植暁(大倉忠義)は、華やかな女性遍歴を持つ29歳。男性としてA評価な柘植は、ドSな上司だった。「馬鹿なのか?」「お前の脳みそは犬以下だ」と罵られる日々。

「僕と付き合わないか?」

なんの前触れもなく柘植に告白された沙耶。付き合い始めても、優しくならない柘植に戸惑うが、たまに見せる柘植の優しさに段々惹かれていく・・・

そんな沙耶の前に初恋の人、樋野ハルキ(永山絢斗)が現れたり、社長令嬢の筒井栞(夏菜)が柘植を口説きにかかったり、二人の恋は前途多難!!!

 

全体を通して流れる音楽が、ストーリと合っていて素敵でしたし、沙耶の服もパステルカラーのものが多く、とても可愛らしかったです。

切なくなるシーンが多いので、ハンカチが必要になるかもしれません。

 

 

それから主題歌になっています、関ジャニCloveR』のポップなリズムや歌詞も映画に合っているので、是非聞いてみて下さい。

 

 

ここから少しお知らせです。

118日より、当劇場でも『美女と野獣』を上映致しております。

有名なファンタジー映画の実写化ということもあり、急遽上映が決定しました。




 

本格的な冬になる前に、ラブストーリー映画なんていかがでしょうか?

 

それでは、最近ラブストーリーの映画を観ては、一人で冬を越せるか心配になるマツオでした。

PAGE TOP